GOD(私達の父) 『 満ちたりて 』

 
 
愛しい我が子よ。

あなたの父です。

あなたが私ともこうして日々お話をしてくださると決めてくださったことを、
とても嬉しく思っているのです。

(神がそんなに話すことあるのか?)
そんな風にあなたは思われたことがありますが、
私は常にハートの中であなたに話し掛けていて、
あなたもそれに応えて下さっています。

「いつでも私であるのだよ。それを忘れてはいけません。」
と、いつもあなたにお伝えしています。

『勿論です』
とあなたはいつも仰っています。
『忘れる筈がないじゃないですか、そんな光栄なことを。
これから常に一緒にお仕事が出来ることに感謝申し上げます。』
あなたはそんな風に言ってくださいました。

我が子であれど、その様に思って下さることは、とても私にとっても嬉しいことです。
心が温まるような、幸せを運ぶメッセージを、私と共に皆さんにお送りして頂きたい。
あなたが最もご自分が受け取って嬉しいことは何か?
それをいつも感じるのです。

魂が振るえる・・・これこそが本当の歓びだ、と。
涙が溢れる・・・感情というものがないのに涙が溢れてくる・・・
魂が思い出したのだ、と。

あなたはあなたの本当の歓びというものを知っています。
そして、あなたがいつもその歓びを感じ、それを人々にお伝えしたいと
いつもあなたは思っていらっしゃいます。

本当の幸せ、歓びというものを、常に感じることが出来るのですよ。
何も深く考えたり悩んだりしなくても、心一つで全てが変えられるのですよ。
現実も、気持ちも、全て変えることが出来るのですよ、と。
気持ち、エネルギー、愛・・・それが全てだと。
気持ちが整っていれば、そして常に愛と感謝のエネルギーで包まれていれば、
あなたは何不自由なく過ごすことが出来るのです。

心が満たされること程、素晴らしいものはありません。
何が満たされているのか、何が幸せなのか。
それは、”心が満たされている”こと。
それが人々にとっての最も幸せであることです。

その愛の循環を絶やさないで、常にエネルギーを動かすことです。
あらゆる所に循環させて、あらゆる人々に、お会いした方皆さんに愛と感謝を・・・
私の愛をお送りしてくださっています。
これからもそれを続けて頂きたいのです。
 
…to be continued…
 
 
GOD(私達の父)